みのりニュースの森保育者のまなざし
   

■行事って、なぜするの?

私たちが幼稚園での生活を思い起こしてみると、何が印象に残っているかというと、 やはり園外保育や運動会、製作展や発表会といった行事ではないでしょうか?
このように行事というものは幼稚園生活の中でアクセントとなって鮮明に焼き付いています。
子どもたちの様子を見ていると、楽しかった行事の後には“ごっこ遊び”をして繰り返し 遊んでいることに気がつきます。これは行事というものが子どもたちの心に強い印象を与えるものである こと、子どもの変化を読み分ける節目になっていることなど、行事が持つ価値というものが理解されます。
無理なくそれでいて胸高なる行事を大いに展開したいものです。
また、行事(イベント・お祭り)というものは、人々の間に存在する心の壁を取り払ってくれる力も 持っています。このような行事に保護者も参加してもらい保護者の方々の保育への“参加”のきっかけに なるようにとも考えています。