みのりニュースの森保育者のまなざし
   

■幼稚園と保護者が同じ気持ちで子どもを育てよう!

幼稚園と保護者が一緒になって同じ気持ちで子どもを育てる為には常にコミュニケーションがとられなければなりません。 徒歩通園をして毎日保護者に園庭に足を踏み入れてもらい、幼稚園の雰囲気を肌で感じてもらうこと、そして必要に応じて担任や幼稚園との交流をすることによって、幼稚園が思っていること、保護者が感じていることを理解しあい、どうすることが子どもにとって一番良いことなのかを考えていきます。
毎学期末には全園児の保護者との個別懇談会も設けています。 成長したところ、今後努力していくところなど家庭での様子も伺い、一緒になって子どもを育てる姿勢を大事にしています。
年長組になると週一回絵本の貸し出しをします。この時は保護者同伴で図書コーナーに行き、園児と一緒に絵本を選んでもらいます。 いろいろな絵本を知ってもらう機会にもなります。保護者にも借りていただける図書もあります。